記事一覧

ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル開幕!

ついに、幕が開いてしまいました、

ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル

今年で、31回目です。



とはいっても、私の出演する「ランスへの旅」は14日と17日なので、まだまだ余裕があります。



さて、開幕直前の7日と8日はそれぞれ、

デメトリオとポリービオ(Demetrio e Polibio)

そして、

チェネレントラ(La Cenerentola)

のゲネプロを観て参りました。



デメトリオの方は歌手陣を含め音楽面は奮闘していましたが、

演出は、まあ、賛否両論でしょうね。

非常に目新しく、観てて飽きないと言えばそうなのですが、

オペラの筋と一体どういう関係があるのだろう・・・、

さらに言えば、オペラと手品を同時に観ているような、そんな感じでした。

好きな人は非常に好きなのかも知れません。



そして、もう一つチェネレントラですが、

(ちなみに、チェネレントラとはシンデレラのイタリア語です)

こちらは、心の底から大満足!


非常に面白かったです!!


もう、笑いどころも満載でしたし、歌手の歌も本当に素晴らしかった。

こういうオペラは是非多くの方に観てもらいたいと思ってしまいますね。



特に、

王子役のブラウンリーさん、

チェネレントラ役のピッゾラートさん、

お父さん役のボルドーニャさん、


最高でした。

ちなみに、シンデレラでは継母ですが、チェネレントラではお父さんなんです。



テノールのブラウン・リーさんは以前から素晴らしいと評判を聞いていたのですが、

初めて生で聴いてそれも納得です。



そしたら、なんと偶然にも、

昨日稽古帰りに町で偶然お会いしたので、ここぞとばかりに握手して頂きました。

一生の記念です。

そして、私と一緒にいた指揮者の園田隆一郎さんが彼と友人な上、

このフェスティヴァルで共演されるので、立ち話にも参加させて頂きました。



いやぁ、これだけでも、このフェスティヴァルに参加できてよかったです。



私は、今日は休みですが、

明日、明後日と最終稽古があって、いよいよ本番です。

40日間ってあっという間ですね。



それではまた~。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント