記事一覧

04/08のツイートまとめ

miymaon

いい姿勢というものについて、僕はどうしてもオペラの話になりますが、決まった形を教わりそれに縛られるのではなく、どうしたら声が出やすいかはそれぞれの人が色々試し考えるのが良いと思う。姿勢において、こうじゃないといい声が出ない、っていうのは思い込みである可能性が高い、と思う。
04-08 01:39

「いい姿勢」以外は「悪い姿勢」というのではなく、「いい姿勢」というのがどの範囲まで、あるいは、状況に応じて「いい姿勢」にヴァリエーションがないかを、色々と試すことによって、声に影響のある体の部位が見えてくるのではないでしょうか。
04-08 01:42

実際に僕がオペラの現場で目にするのは、優秀な歌い手さんたちのほとんどが、音楽稽古の最中に、音形によって、膝を曲げたり、背伸び押したり、体を折ったり、様々なことをします。それだけ、「いい姿勢」というのには柔軟性があるのだと思います。1つの姿勢をキープするなんてことはまずありません。
04-08 01:46

ですので、正しい姿勢、というのを一方的に教えるのではなく、悪い姿勢があるとしたら、それがどこにどう悪い影響を与えるのか、を諭すのが教師の役目かと思っています。
04-08 01:48

これが本当の話だったら、本当にひどい。 https://t.co/RvbzGzPdkU
04-08 16:01

RT @takabaritone: 最近アメリカ留学、またはジュリアードに関して、SNSを通じて質問・相談をよく頂きます。海外留学は本当に人それぞれのケースですが、これまで実際この地で経験したことを、そろそろどこかにまとめようかな、などと考えています。質問等ありましたら気軽にお…
04-08 16:10

RT @tooshfairy: (今まではいい姿勢を守ろうとしてたけど)試しに発声しながら屈伸したり軽く背伸びしたりとかしてみたら、普段は気付かない体の強張りに気づけた!すごい!あと高音がいつもより柔らかい音する(録音) https://t.co/IKoKqTCiTr
04-08 18:10

イタリア語の発音はほとんどローマ字と同じだからとっつきやすい、というのは正しいと思う。促音を使うことで、日本人は世界でも珍しく、イタリア語の二重子音を苦にしません。しかし、そのようにとっつきやすい分、細かいところが疎かになりがちでもあります。
04-08 18:34

例えば、長子音というものがあります。イタリア語的に書くと、"sci","gli","z","gn"、これらは単独で用いられても促音「っ」や撥音「ん」を使ったような読み方になります。("sci","gli"はこの3文字で1つの子音扱いだということを忘れてはいけません)
04-08 18:43

他には半子音、半母音でしょうか。"piano"と書いたときの"i"の文字は半子音なので「ピアーノ」よりも「ピャーノ」が近いかと思いますが、やはりカタカナで書くのにも限界があります。しかし、歌手として大事なことは、半子音"i"には、音符が割り当てられることはない、ということです。
04-08 18:49

簡単な言い方をすると、"piano"を音符が3つあるように感じられる歌い方をしてはいけない、ということです。(スラーやアジリタなどで伸ばされる場合は3つ以上になることはもちろんありますよ。わかりやすくは、レチタティーヴォを思い浮かべて頂ければと思います)
04-08 18:51

そういえばの現在参加中のチェネレントラのプロダクション。本番は来週の木曜日なのですが、チェネレントラ役は当初から3人もいる中、おととい4人目が、昨日5人目のチェネレントラが到着しました。なんで…??
04-08 19:33

RT @hidetomitanaka: 給付型奨学金がもっと拡充してほしい。大学院時代に一番助かったのは大学院の総代で賞ももらったので副賞で頂戴した現金。これは助かった。ともかく学問にはムダに思えるかもしれないお金と、ムダに思えるかもしれない時間と教員陣が必要。ムダがないところ…
04-08 19:35

@izatate そんなことはありませんが^^;1人の王子を姉妹合計10人で奪い合っている構図になっています^^;
04-08 19:55

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント