記事一覧

03/07のツイートまとめ

miymaon

RT @daijapan: これはあちこちで見かける【東日本大震災】なぜ福島デマが残り続けるのか?専門家が勘違いしてたこと https://t.co/HGQLowyNvz via @satoruishido
03-07 09:57

科学的に正しいからいい話、というわけではないのは、あらゆる分野で言えることではないだろうか。
03-07 10:00

受信するメールの95%以上がダイレクトメールである現状、これは10年以上前に予想されていたことだけど、本当にそのようになっていますね。システムを再構築しようにも巨大化しすぎちゃって難しいのかな。
03-07 19:49

僕はできるだけFBのメッセンジャーか、LINEを仕事に使っています。僕の情報はいつでも後悔していますので、ご用事がある方は、メールではなく、お気軽にそちらからコンタクトをお取りください。 ちなみに、LINEのIDはmiymaonです。
03-07 19:52

こういう公演が完売になるというのはとても嬉しいニュース。そして、急遽追加販売とのこと、どうぞお見逃しなく! https://t.co/2gVKsopV3Z
03-07 20:43

いろんな方がゼッダ氏についてのことを書かれると思いますが、僕が印象に残っているゼッダ氏の教えも書いておきたいと思います。カッコ内は僕の解釈です。・
03-07 21:51

@miymaon ・アジリタは1日5分練習すれば誰でもできる。(だから絶対にできなきゃいけない)・アジリタは感情表現だ。(技巧だけを見せても意味がない)・レチタティーヴォの休符は無視。(そのフレーズの韻律、意味が大事)
03-07 21:57

@miymaon ・オペラには品がなければならない(大声を張り上げるものではない)・オーケストラの音が大きいのはあなたが大声で歌うからだ。あなたが小さく歌えば、オーケストラも小さく演奏する。・オペラでの笑いとはゲラゲラではなくニヤニヤ(←正確に覚えてませんがこんな感じ)
03-07 22:00

@miymaon ・楽譜通りに演奏するということは、書いてある音符をそのまま歌うことではない(当時のスタイル、言葉を理解することが重要)
03-07 22:03

考えたことなかったけど、これはすごい。湯気による音の反射の変化もありそう? / なぜか誰でも分かる「水」と「お湯」を注ぐ音の違い #SmartNews https://t.co/iBcvjRSZDt
03-07 22:22

RT @una3110: 今回のお仕事は、第71回のスポレート若手ヨーロッパ人歌手のためのコンクール。入賞者は5ヶ月間スポレートに滞在し、歌や演技マスタークラスやコレペティレッスンなど受けながらオペラ出演の準備をします。コンクールに続き、年齢や国籍の制限のないオーディションも開…
03-07 22:28

RT @una3110: キャスティングオーディションの公式伴奏(募集される役が事前に公開されるのでピアニストも準備ができる)や個人的に依頼されての伴奏は何度もやってきましたが、コンクール公式伴奏は初めて。コンクールではアリア5曲とオペラ1本×65人、オーディションではアリア2…
03-07 22:28

RT @una3110: パリオペラ座のアカデミーに合格した2歳年下の同僚と協力でき、コンクール期間中は恩師コルテージ先生もいらしていましたし、何人も同じ曲を持ってくることも当然あったので実際の負担はそれほど大きいものではなかったですが、何年も弾いてない曲や初めて歌手と合わせる…
03-07 22:28

RT @una3110: 一回一回の演奏に歌手の人生がかかってる。安心して最高の演奏をしてもらうのには、やっぱり弾けて合わせられるだけじゃなく、こっちから安定感を提供してあげられるようにならなきゃなぁ、と。学びの多い一週間でした。いつもありがとう、スポレート。
03-07 22:28

RT @una3110: 今回のコンクール、Eccomi in lieta vestaとRusalkaがなぜか物凄いブームで、審査員がまたこれか、と崩れ落ちていた。Eccomiに限らず、ベルカントものをbravura (熟練、華麗さ)をもって歌い切るのは大変ですね、ほんと。
03-07 22:28

RT @una3110: 昨日、一昨日のオーディションでは10回くらい蝶々さん。特に、東洋人だとだいたい蝶々さんかリューを持ってきますね。まあこれはしょうがない。あと、良いテノールがなかなかいない(そもそも募集が少ない)。テノールキラーとしては残念w
03-07 22:28

RT @una3110: 審査員の某劇場総裁「結局はオペラのレパートリーは限られていて、コンクールやオーディションに普通登場するものも限られて、マイナーならマイナーなりの理由があるので、レパートリーのアリアをしっかり歌えるからことが結局は大事。(でもEccomiはもう聴きたくな…
03-07 22:28

RT @una3110: 審査委員長のドイツ人ソプラノ「モーツァルトのアリアで、有名じゃなくても美しいものがいくらでもあるので、そういうのが一曲くらいあると嬉しいわね。欠点も全部丸出しになるから審査しやすいし。うふふふ」
03-07 22:28

面白い視点。僕が思うのは「絶対的に良い声」というものは存在せず、歌において声は要素の1つであり、表現のための手段(ヴォカリーズなどもあるけどあくまで曲の一要素)でしかなく「良い声が表現を邪魔する」ということはあり得ないと思う。表現… https://t.co/0vMK6bHxo3
03-07 22:37

こういうことだと思う。公表されている情報というのは、公表する人のバイアスもかかっているし。例えば原文が同じでもどこを抜粋するかで意味が正反対になることもあるし。 /築地にも基準値2倍のヒ素 都は公表見送っていた #SmartNews https://t.co/2dyHXZgWNU
03-07 22:43

@miymaon それぞれの分野の前提は踏まえておくべきですね。例えばイタリアオペラでは「残響の少ない空間で」「前にオーケストラがあり」「演劇として自然な声が聞こえ」「ほぼ毎日歌っても疲れず」「年齢とともに衰えない」発声が絶対的な「良い」という存在に近いのかと思います。
03-07 23:29

@miymaon (現代では解釈が広がりすぎてまとめるのは難しいですがそれは置いといて)ベルカントという技術は400年の歴史の中で生まれているのです。個人の感性でそう簡単に否定できるものではないですし、それを前提としてお話をするときには(およそ)絶対的な「いい声」もありますね。
03-07 23:33

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント