記事一覧

03/27のツイートまとめ

miymaon

さて、イタリア語の歌唱で間違いやすいのはいろいろありますが、その筆頭は"u"の発音です。日本語の「う」とは根本的に違い、よく「口をすぼめなければダメだ」と教わるのですが、これでは不十分です。口の形よりも大事なのは◯の位置。これが直らない限り、日本語の「う」だとからかわれ続けます。
03-27 04:09

しかし、これは比較的理解しやすい内容なので、一回理解してしまえば、さほど難しいことではありません(しかし僕は◯が非常の大きく苦労するので、今だに油断すると馬鹿にされます)。あとは、"r"と"l"の間違いです。これは外国人にとっては全く別の音なので気をつけなければなりません。
03-27 04:12

ある笑い話で、「世話をする」というところを"l"で歌ってしまったため、劇場中がどよめいた、という逸話があります。僕は最近までopera farsa(笑劇)をopera falsa(偽のオペラ)だと思い込んでいました。カタカナで覚えた単語は、それを区別するのに非常に苦労します。
03-27 04:16

ほかにも、日本語の「なにぬねの」を「na,ni,nu,ne,no」だと思い込んでいる人がほとんどのように見受けられます。これはわかりにくいですが、大きな違いですので気をつけてくださいね。
03-27 04:20

それは大事件だ…!しかし、何年住んでもカタカナの記憶というのはね。 @SaekoKameya: @miymaon 椿姫の手紙を読むシーンで、curatevi(だったっけな?)をculateviと読んで、空気が固まった話を聞いたことがあります…笑1年住んでもまだしっかり気をつけな
03-27 16:10

春雷の到来、冬が明けようしています…。
03-27 19:14

激しい雹が降ってきました。お出かけの際はお気をつけを!
03-27 19:14

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント