記事一覧

04/23のツイートまとめ

miymaon

今日はエンツォ・ダーラ先生に(1)オペラの暗譜のコツ(2)早口歌唱のコツ(3)レチタティーヴォのコツ、を聞いてきました。やはり、偉大な歌手がどのようにして勉強してきたかというのは気になりますからね!
04-23 04:48

(1)暗譜のコツにつきましては、「レッスンにいくとそれを録音するんだ。」とおっしゃっていました。「そうすれば、それを聞いているうちに覚えるだろう?それにレッスン代の節約になる。」な、なるほど…。でもそれは、正しい音楽しか聴かないということですね!
04-23 04:59

(2)早口のコツにつきましては、「とにかくゆっくり、子音を強調して練習するんだ。」とのこと。なるほど、とにかく基本に忠実なわけですね。「でも僕は早口に苦労したことがないんだ。練習しないで最初からなんでも歌えたよ。」そ、そうですか…。
04-23 05:46

(3)レチタティーヴォについては、「やはり音無しで、言葉だけ読んだりするといいですか?」と質問すると、「僕は最初から音付きで勉強したよ。」…^^; まあ、世の中には苦労なしにできる方がいるものなのですね。でも、そういうレベルに追い付くためには一般人は努力を惜しんではいけませんね!
04-23 05:53

僕は科学好きな人間です。だから発声技術においても科学的な説明を好みます。世の中のほぼすべてのことが科学の上に成り立っていると思いますし、ほぼ全ての現象が科学的に説明がつくと思っています。でも、だからと言って科学がすべてだとは思っているわけではありませんよ!。
04-23 19:47

もし、科学がすべてだと思っているのならこんな仕事していません。むしろ、そうでないからこそ音楽が好きなのです。でも、未だに、あるいはひょっとすると永遠に、あるいは現実的に、科学では説明できないことをなそうとするのでしたら、せめて科学で説明のつく範囲は把握しておくべきだと思うのです。
04-23 19:51

つまり、科学で説明できない(であろう)ことを突き詰めようとしているのですから、せめてわかっている範囲は最大限に利用するのが、最善の方法だと思うのです。理解が深まるほど、エセ科学に騙されることも減るでしょうしね。
04-23 20:16

【イタリアのトリビア】アクビが移るというのはイタリアでも一般的らしい。 #イタトリ
04-23 21:23

【イタリアのトリビア】開演前にトイトイトイとか、インボッカアルルーポとかいうのと同様に、メルダ(糞)とかタンタ・メルダ(たくさんの糞)とか言ったりするのは、馬車の時代に、人気公演には沢山の馬車が劇場の前に訪れるので劇場前が糞まみれになったことからきているそうです。 #イタトリ
04-23 21:31

【イタリアのトリビア】ちなみに、インボッカアルルーポというのは、「狼の口の中に」つまり「狼に喰われてしまえ」という意味て、それに対してグラッツィエ(ありがとう)と言ってはいけません。クレーピイルルーポ(狼を倒してやる)が正しい答えです。クレーピだけでも構いません。 #イタトリ
04-23 21:36

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント