記事一覧

05/10のツイートまとめ

miymaon

フ「私たちは正しく歌っていた。だから舞台上でいくらでもふざける(Scherzare)ことができた。それは確信(保証・Sicuri)があったからだ。」
05-10 22:33

今日は今週のレッスン最終日。今週はフィガロの2幕フィナーレと3幕の6重唱をやっていますが、自分でいうのもなんですが、バッチリです^^; 一度も止められないのであっさりレッスンが終わってしまいます。こんなにいいことはないはずなのに、こうなったらこうなったで物足りない…^^;
05-10 22:37

ここのレッスンで譜読みをするのはなんとも勿体無いと思うのだが…。
05-10 22:40

やはり、ポジションを掴むという意味では、ア母音、ついでオ母音が一般的に難しいようですね。これは舌の位置と顎の角度が非常に重要であると思われます。
05-10 22:43

他には首の伸ばしかた、口の開き方も重要ですね。
05-10 22:46

何かでうまく行った時に、音程や母音が変わっても、その方法を頑なに固執する方をしばしば見かけますが、ベストの角度、伸縮具合は様々な要因に左右されます。そんななか、少なくとも母音と舌の位置の基本的な関係くらいは抑えておく必要があるでしょう。問題解決に大いに役に立ちます。
05-10 22:51

様々な要因と曖昧にしてしまいましたが、・母音の種類・音程・音型・前についている子音の種類・どれだけその音を伸ばすか少なくともこれらには依存しています。ただしこれらを考えながら歌ったらうまくいきません。問題を解決するために考える要素として使うといいでしょう。
05-10 23:11

大事なことを忘れていました。その人の舌の大きさにも依存します。一般的にはイのように調音点が前な程、上な程下を向いても良く、ア、オのように調音点が後ろ、下のものほど上を向く必要があります(もちろん限度はありますよ!)。これは、舌の伸縮性から考えられることです。
05-10 23:18

声楽の世界では、発声に問題が生じた時、なにか曖昧で不確定な要素に原因を見出そうとし、たまたまその時はうまくいっても、すぐできなくなってしまう、という状況をしばしばみかけます。
05-10 23:52

もちろん、「感覚」という不確定要素を利用するのは、悪いことではない、というか最終的には最も重要なことかもしれません。しかし、それらは確定的な要素を確実にこなした先に待っているものだと思います。
05-10 23:55

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント